オーストラリアアデレードで留学生活

オーストラリアアデレードの大学へ留学しています。アデレードの街について、大学生活についてなどを書いています

Marino rocks boardwalk trail

アデレードの近郊にはたくさんのハイキングコースがあります。

その中で市内から一番近く、海岸沿いを歩くおすすめのコースをご紹介します。

 

ハイキングコースの名前は「Marino rocks boardwalk trail」

市内から電車に乗って30分ほど「Marino rocks 」駅までいきます。

f:id:english111:20170715104211j:plain

f:id:english111:20170715104232j:plain

f:id:english111:20170715104241j:plain

 

無人の小さい駅を降りて踏切を下り坂の方へ歩いて5分ぐらいでハイキングコースの入り口につきます。

 

海を眺めながらウオーキングスタートです。

f:id:english111:20170715104421j:plain

 

日よけになる木は全くないので、夏はもちろん冬でもしっかり日焼け止めを塗っていった方がいいでしょう。

f:id:english111:20170715104622j:plain

 

海沿いに歩道が7,8㎞にわたって作られいます。

f:id:english111:20170715104754j:plain

 

階段のアップダウンも結構あります。

f:id:english111:20170715104808j:plain

 

こーんな長い階段もあるので帰りは結構膝ががくがくしてきます。

f:id:english111:20170715104738j:plain

 

片道7,8㎞で往復14~16㎞ 

かなり歩きごたえのあるこのハイキングコースは運動好きにおすすめの場所ですね。

 

学校の休みに時々行って汗を流しています。

 

 

 

 

 

 

 

ボタニックガーデン

アデレードの北の方にあるボタニックガーデン。

アデレードの観光地のひとつになっています。

 

敷地はとても広くたくさんの木や花が植えられています。

お天気のいい日にのんびり散歩したい場所です。

 

大通りからゲートを入ります。

ゲートは数か所にあるので、迷うと全然反対方向に出てきてしまうこともよくあります。

f:id:english111:20170715101656j:plain

 

広い芝生では陽気がいいとピクニックもでき、ランチを買ってここで寝ころびながら食べることもできます。

f:id:english111:20170715101711j:plain

 

小さな子を連れた家族連れもよく見かけます。

f:id:english111:20170715101703j:plain

 

緑の多いアデレードは街のいたるところに公園があり、芝生が敷き詰められています。

スポーツ大国だけあって、朝晩ジョギングやウオーキングをしている人も多く、オフィス街のスポーツジムではお昼休みにジョギングマシーンで運動するOLさんも見かけます。

 

 

アデレードで日本食 Wasaiレストラン

アデレードにはたくさんの日本食レストランがありますが、かなりなんちゃってのお店も多いですね。

 

気軽にお寿司が食べたいなと思ったときはショッピングセンターの中のフードコートで寿司ロールを買うこともありますが、たまに本格的日本食を食べに行きます。

 

その中でもよく行くのがこちらのWasaiレストラン。

場所が中華街の中にあって便利なのと、本格的だけどお値段は意外とリーゾナブルなのがお気に入り。

 

店内は結構広いので平日だと予約なしでも入れます。

f:id:english111:20170715105818j:plain

 

店の真ん中にあるのバーカウンター。

日本人らしき男性が忙しそうに働いていますが、あまり愛想がよさそうではないので話しかけるのはためらわれます。

f:id:english111:20170715105604j:plain

f:id:english111:20170715105610j:plain

 

ここにいくといつも頼むのがこの船盛り。

大と中があって、2人だと中で十分。

お寿司とお刺身がついて40ドルはお得!

f:id:english111:20170715105944j:plain

 

お刺身も新鮮でぺらぺらにカットされているところが多いけど、こちらのお刺身は分厚く噛みごたえがあります。

また甘口の卵焼きがとってもおいしい♪

 

f:id:english111:20170715110148j:plain

 

船盛りとお味噌汁だけの時もありますが、すごいお腹が空いているときはもう一品大好きな炙りサーモンロールを頼むときもあります。

 

うーん、幸せ(^0^v)

 

お洒落なカフェで食べるサンドイッチもいいですが、日本人としてたまには日本食が恋しくなります。

市内には日本食材屋さんもあって日本食が手に入りますが、お刺身やお寿司はやはり日本食レストランで頂くのがいいですね。

Glenelgビーチ

市内からトラムに乗って30分も行けばビーチに行くこともできます。

そんなビーチのひとつがGlenelg。

f:id:english111:20170715102542j:plain

 

小さな海沿いの街でビーチに行く通りにはお店が並んでいます。

その先に広い海があらわれます。

f:id:english111:20170715102558j:plain

 

海沿いには芝生の広場もあって、ここでゆったりくつろぐことができます。

が海鳥がたくさんいるので要注意。

うっかり芝生でお昼寝なんてしていると、頭上から海鳥にう○こをかけられることも。

f:id:english111:20170715102603j:plain

 

このビーチへは昼からゆっくり行くのがおすすめです。

そしてぶらぶらと街を散策したり、コーヒータイムを楽しんでゴールデンタイムのサンセットをお見逃しなく。

 

日が暮れ始めるとだんだん周りの時間が止まります。

f:id:english111:20170715103038j:plain

 

そして太陽が海に入り始めるともう息ものむ美しさ。

f:id:english111:20170715103220j:plain

太陽が沈むまで見とれてしまいます。

 

f:id:english111:20170715103258j:plain

 

海沿いの建物も赤く染まって全ての動きが止まったかのように感じます。

 

アデレードに行ったらこれは絶対見てほしいです!

 

夕日を見終わったらまたトラムで市内へ。

海岸からトラムの駅まですぐ近くにあるので、夕日の余韻を残しながら街へ帰ることが出来るのもうれしいですね。

広告を非表示にする

アデレードのレストラン

カフェよりはちょっと改まっていくレストラン。

人気のお店は週末は予約する方がいいようです。

 

こちらの人はカフェでもそうですが、レストランだとみんなワインを飲んでゆったり食事をするので、なかなか席を立ちません。

予約なしで満席だと次いつ空くかわからないって感じですね。

 

そんなレストランでおすすめはこのイタリアンレストラン「VINO]

街からは少し外れますが、陽気な店員さんと気楽な雰囲気でリラックスしたディナーを楽しむことができます。

 

一皿のボリュームがすごくて一人で食べきるのは大変かも。

海の幸いっぱいのトマト味パスタ。

大きなイカがおいしかった。

f:id:english111:20170715174557j:plain

 

3人で分けようとLサイズのピザを頼んだらとてつもなく大きかった。

食べきれなかたのでお持ち帰りしてきました。

f:id:english111:20170715174544j:plain

 

こちらも海の幸のスープ。

エビや魚がごろごろ入ってこれも美味でした~♪

f:id:english111:20170715174550j:plain

 

 

イタリア料理とはがらりと雰囲気が変わりますが、絶対おすすめが中華街にある点心。

11時ごろから開く点心はランチのみ。

「DING HAO」がおすすめですが、ここもかなり混み混みのお店なので、予約をおすすめします。

 

今回二人だったので、大丈夫だろうとタカをくくって出かけたら、しっかり並んで待つことに。30分ぐらい待たされてようやく席に着くことができました。

f:id:english111:20170715175129j:plain

 

ひとつずつの点心が大きい!

点心は大人数で行った方がいろんな種類が食べれていいですね。

f:id:english111:20170715175138j:plain

 

中にあげパンのようなものが入っていて、外は平べったい麺のようなもので巻いてある食べ物。あげパンがサクサクで美味しいけど、油もすごいので二人で3ロールは食べきれませんでした。

f:id:english111:20170715175144j:plain

 

現地の人も点心大好き。

ここでもお茶でなくワインで点心を楽しんでいる人がたくさんいるのに驚きです。

f:id:english111:20170715175150j:plain

 

こうやって出かけるレストランもたくさん。

あまり楽しみのないアデレードでは食べることと飲むことが一番の楽しみのようです。

アデレードのカフェ

アデレードにはたくさんのカフェがあります。

なんか全部お洒落な可愛いカフェのように見えますが、やはり流行っているところと人があまり入っていないところがありますね。

 

今日はいつも流行っているカフェのご紹介です。

 

ヒルトンホテルやチャイナタウンの近くにある「Vegan Smash

表通りにあるからかいつも人がいっぱい。

ランチ時は並んで待たないといけません。

 

f:id:english111:20170715172828j:plain

メニューが多くていつもどれにするかすっごい迷います。

 

冬の寒い時期でも表のテラスも人が座っています。

f:id:english111:20170715172835j:plain

 

今日はフォッカチオ

ボリューム満点で美味しかった♪

f:id:english111:20170715172838j:plain

 

 

そして中華街の中にあるアデレード最大のウエットマーケット。

この中で食べる食事も美味しい。

 

フードコートの一角にあるサンドイッチやサラダ、スープのお店。

f:id:english111:20170715173348j:plain

 

ここのサラダは大きなベークドポテトの上にたっぷり野菜がのっています。

好きな野菜やソースを選んでポテトの上にのせてもらうと、それで十分1食に。

ベジタブルスープはちょっと味が薄くて残念…

f:id:english111:20170715173355j:plain

 

このフードコートの横にあるのがこちらのカフェ。

ここもいつも人がいっぱいです。

f:id:english111:20170720132844j:plain

 

チキンパイとサラダ

ボリューム満点。お腹いっぱいになります。

f:id:english111:20170720132839j:plain

 

アボカドトースト。

ポテトがついています。

f:id:english111:20170720132932j:plain

 

マーケットで買い物をしがてらお手軽ランチ。

地元の人でにぎわうこんな所へ足を運ぶのも面白いと思います。

このマーケット普段は3時過ぎにはお店が閉まり始めますが、

金曜日の夜はレイトナイトで夜9時までやっています。

 

La bonne table

オーストラリアアデレードで食べた一番おいしかったレストランのご紹介です。

お店の名前は「La bonne table」

 

ヒルトンホテルの前の信号を中華街と逆に歩いた大通りに面した創作フランス料理のレストラン。

お店は小さいのでわかりにくいかもしれませんが、昼間はカフェで夜はレストランになります。

 

お客さんのほとんどがローカルの人でワインを飲みながらゆっくり夕食を楽しむ静かな大人の時間を過ごすレストランです。

 

f:id:english111:20170715095306j:plain

f:id:english111:20170715095310j:plain

 

オーストラリアではワインが人気ですがカクテルもおいしい。

アルコールの苦手な人はこのオレンジカラメルがおすすめ。

ジュースのような飲みやすさで食事にもよく合います。

f:id:english111:20170715095628j:plain

 

オントレー(前菜)も凝っています。

こちらはダブルベークチーズスフレ

ふわふわの食感がたまりません。

f:id:english111:20170715095728j:plain

 

これはグジェ。

一見ショークリームのようですが、チーズ味。

手でつまんで食べれます。

f:id:english111:20170715095735j:plain

 

ビーフブリスケット。

レタスの上に牛肉の佃煮のようなのとサーモン風のペーストがのっています。

この3つがすごいマッチしていておいしい♪

f:id:english111:20170715095744j:plain

 

いろいろなオントレーをつまみながらワインを飲んでいるとすごい優雅な時間が流れていく気分です。

 

そしてメインのステーキ。

こちらなんと400gのステーキなんです。

f:id:english111:20170715100340j:plain

f:id:english111:20170715100347j:plain

 

上に乗っているのはマスタードバターとブロッコリーニ

このマスタードバターをたっぷりぬって、ブロッコリーニも頂きます。

大きなビーフは柔らかくジューシー。

400gも女性一人で食べるのはちょっと多すぎるかもしれませんので、これは誰かとシェアーするのがおすすめですね。

 

今回は注文しませんでしたがパンプキンニョッキもおいしいんです。

 

そしてもうひとつの楽しみ。

デザート♪♪♪

カリカリの上の部分をスプーンで割って食べるビューレ。

f:id:english111:20170715100659j:plain

数種類の味から選べるアイスクリーム。

f:id:english111:20170715100653j:plain

 

本当にすべてがお洒落で美味しかった♪

 

オーナーシェフは韓国人のすっごいフレンドリーなお兄さん。

従業員もみんな笑顔でとても気持ちのいいサービスの家庭的なレストラン。

 

アデレードでお誕生日や何かのお祝い事、友達や恋人とゆっくり過ごしたいときにいつも行きたくなるお店です。

 

週末はかなり込んでいるので予約は必須です!

 

広告を非表示にする

アデレードの市内

アデレードにはトラム(路面電車)とバス、電車が走っていてトラムや一部のバスは市内は無料です。これが私たち学生の足となります。

 

f:id:english111:20170715094145j:plain

 

中心地にあるアーケードにはたくさんのお店が並んでいて日常生活やちょっとした買い物に困ることはありません。

ただ私が知っているパースやメルボルンに比べるとエリア的には本当に小さいです。

 

f:id:english111:20170715094259j:plain

f:id:english111:20170715094308j:plain

 

2時間も買い物すれば十分な感じです。

 

ホテルもそんなに多くありませんが、ヒルトンなど有名なホテルもあります。

免税品店もいくつかあるので観光客も来るんだとは思いますが、観光するところはあまりないですね。

 

そのためかパースやメルボルンに比べてかなり現地色が濃いように思います。

私がパースやメルボルンで驚いたことは、アジア人がとても多いという事です。

本当にここはオーストラリア?と思うほどアジア人ばかりで、街を歩いていてもお店の店員もアジア人ばかりでした。

 

それに比べるとアデレードは現地の白人の方が目立ちます。

パースやメルボルンではアジア人と白人の人との生活も分かれているようで、アジア人が行く店、白人が行く店となんとなく決まっていました。

中華街などもアジア人ばかりでした。

 

だけどアデレードはどのお店に行ってもアジア人も白人もいて、中華料理屋でさえ白人が目立ちます。

 

日本も東京や大阪はアジアからの観光客だらけだそうで、地方に行くとそういう人がいないので日本人ばかりになっています。

それと全く同じ現象がオーストラリアでも起きているように思います。

 

オーストラリアでもっと地元の人と触れ合いたい、昔ながらのオージー感を試してみたいというのならアデレードやもっと田舎に行くのがいいかもしれませんね。

 

 

 

広告を非表示にする

アデレードの空港で

アデレードの空港に着いたとき、思ったよりこじんまりした空港で、なんとなく都心とは違う雰囲気を感じました。

 

やはりパースやほかの都市よりはのんびりした雰囲気かなと思います。

 

ところが空港で驚いたのはセキュリティーがやたら厳しいことです。

とにかく空港内で携帯電話を使うことが厳禁なんです。

 

イミグレーションを通るとき、携帯禁止という看板は出ていました。列に並んでいるとき若い男の子が携帯を触っていたら、即監視員の男の人が注意していました。

離れていて聞き取れませんでしたが、白人の男の子が何やら緊張して慌てて言い訳しながら携帯をしまっていたので、結構きつく注意されたようです。

 

でこの携帯禁止はイミグレーションだけだと思っていたのですが、その後イミグレーションを抜けスーツケース受け取りのターンテーブルに並んでいたときです。

 

私は外に知り合いがお迎えに来てくれることになっていたので、今ターンテーブルにいるという事をラインで送っていました。

 

で一つ目のスーツケースが出てきたとき、スーツケースが少し破損してチャックのところが曲がっていたためその写真を撮ってその外の知り合いに送ろうと思ったのです。

で写真を撮ったときいきなり!」となんかすごい悪いことをしたように言われてそのおばさんも「なぜ写真なんか取るんだ!」ときつい口調で言ってきたのです。

 

なのでまた「いやカバンが壊れていたのでその写真を撮って知り合いに送ろうかと…」と説明していたら、「そのカバンを見せなさい!」って言われ、カバンを見せたら「あなたはカバンが壊れていたからその写真を撮ったのね!」と念おされ「はい」と答えて許してもらえました。

スパイ行為かなんかしたような尋問調でかなりビビりました。

 

アデレードの空港内(オーストラリアの他の空港もすべてこうなのかはわかりませんが)では絶対出口を出るまで携帯電話は触らない方がよさそうです。

 

そして一つスーツケースを受け取って外に出るときに先ほどのおばさんが立っていて、そのおばさんがみんなの顔を見分けたり、質問をしたりして出るゲートを決めます。

この出るゲートはそのままスルーで出られる1番とカバンを機械に入れてスキャンする2番、そしてカバンの中身を開けて中を調べられる3番に分かれています。

 

カバンの中身を調べるかどうかはこのおばさんの判断で決まります。

 

オーストラリアは持ち込み荷物が結構厳しくてインスタントラーメンでも肉が入っていたらダメとかいわれて没収されることがあります。またクッキーなどもきちんとパッキングされているものはいいけれど、手作り風にコンテイナーに入っているようなものは没収れます。

私も中にいろいろ食べ物を入れていたので、見られたら没収されるかもなと覚悟を決めて持って行っていたので、おばさんのところへ行ったら先ほどの件もあってドキドキでした。

そうさっき私の写真のことで問い詰めてきたおばさんも同じ人です。

このおばさん空港内でかなりの権限を持っているようです。

 

でも私の顔を見て何も質問することなく、「はい、そのまままっすぐ1番から出なさい」と笑顔で言ってくれました。

心からホッとしてアデレードの空港から出ることができました。

なかなか独特の空港です。みなさんも携帯電話にはくれぐれも気を付けて下さいね。

 

そして出国の際も注意が必要。

それは出国ゲートを入って荷物検査のX線を抜け、出国検査を受けます。

ここまではどこの空港も同じですが、アデレードでは中に入ってから国際線用にもうひとつ荷物検査がありました。

 

これが結構並んでいて、うっかり買い物などしていてゲートに行くのが遅れるとこの荷物検査で待たされて時間に間に合わなくなる恐れがあります。

 

私が並んでいるときも時間ぎりぎりになってしまった人が係りの人に搭乗時間が迫っているので先に行かせて欲しいと交渉していましたが、係りのおばさんに「遅く来たあなたが悪いのでしょう。みんな並んでいるんだからちゃんと並んで下さい」とあっさり断られていました。

彼らがちゃんと飛行機に間に合ったのかどうかはわかりませんが、アデレードの空港ではおばさん係官がかなりパワフルで強烈です。

 

みなさんも気をつけて下さいね。

 

アデレードの大学

アデレードの大きな大学として知られているのはこの3つです。

  • アデレード大学 University of Adelaide
  • 南オーストラリア大学 University of South Australia
  • フリンダース大学 Flinders University

 

市内にあるアデレード大学と南オーストラリア大学はすぐ横に並んで建っていて、フリンダース大学も市内にあります。

 

こちらがアデレード大学

f:id:english111:20170715092856j:plain

f:id:english111:20170715092911j:plain

f:id:english111:20170715092922j:plain

 

それぞれ得意とする専攻があり、私はフィジオテラピーで有名な南オーストラリア大学を選びました。

 

パースのカーティンユニバーシティの構内は広く大きなフィールドもあってよく学生がフットボールなどをしていましたが、今の南オーストラリア大学は普通のビルです。

コースによっていくつかの建物に分かれているのでなんともいえませんが、フィジオテラピーコースを勉強するヘルスサイエンスの建物が一番小さいそうです。

 

建物の中には図書館やカフェも入っていて学生が利用しています。

その他にもジムやクリニックもあり、ジムは学生でも有料、クリニックは一般の人も受け付けているようです。

 

南オーストラリア大学

f:id:english111:20170715093139j:plain

f:id:english111:20170715093214j:plain

f:id:english111:20170715093220j:plain

 

 構内の図書館

f:id:english111:20170715093258j:plain

f:id:english111:20170715093321j:plain

 

構内にあるクリニック

f:id:english111:20170715093424j:plain

 

こんなサービスもありびっくり!

f:id:english111:20170715093453j:plain

 

学生が使うカフェテリア

f:id:english111:20170715093519j:plain

 

パースのカンニングカレッジの時は学生がカーティンユニバーシティのジムも無料で使うことができたので、大学によって施設や利用ルールは異なります。

 

アデレードは意外と留学生が多くて、学校内でもたくさんの留学生を見かけます。

建物はレンガ式の趣のある建物で、博物館や美術館とも併設しています。

 

学校の近くにはおしゃれなカフェやブティックも立ち並び、学生生活をエンジョイできます。

 

 

広告を非表示にする